医療系データのとり方・まとめ方−SPSSで学ぶ実験計画法と分散分析

対馬 栄輝・石田 水里 著
東京図書株式会社本書の紹介ページ
B5変形判
ISBN 978-4-489-02143-5
平成25年5月9日発売予定・全国の書店でご購入いただけます)

全国書店でお買い求めできます.
ネット購入はこちら↓
Amazon楽天ブックスセブンアンドアイ紀伊國屋書店BookWeb

本文掲載データのダウンロード

★1 MS Office EXCEL 2010形式
★2 MS Office EXCEL 97-2003形式
★3 zip圧縮形式(上記ExcelファイルのSPSSファイル)
★4 zip圧縮形式(MS Office EXCEL 2010形式,97-2003形式,SPSS形式の3種類)
※zip解凍用のソフトはこちらからダウンロードして下さい.
※注意:このデータを他の出版物・Webサイトなどに転載するには著作者の許可が必要です.また,このデータを用いてソフトウエアから得られた成果についても同様です.

本書を読む上で必要なソフト

★1 検出力・必要なnを求めるフリーソフト:G*power
 
★2 改変Rコマンダー(インストールは解凍後のpptファイルを参照)

補足・サポートページ

本文の訂正,追加事項などは随時ここに掲載致します.

著書に関する質問(掲示板:姉妹書と同ページです)

便利ツール

データ並べ替えEXCELマクロ

列ごとに変数を並べた反復測定形式のデータを1元・2元配置分散分析用に並べ換えるEXCELマクロです(オプションとして反復測定要因の分散分析が出来ないときに使用).

VALUE LABELSの作成シート

値ラベルをSPSSで入力する際,変数が多いときは一回一回クリックして入力するのは大変です.
 このEXCELシートで作成すれば,シンタックスコマンド(本書第1章参照)へコピー&ペーストできます(EXCELマクロをうまく使えないので,つたない関数で作成しています).

相関係数の信頼区間・2つの相関係数の差の検定

SPSSでは出力できない相関係数の信頼区間,差の検定を算出します.

検出力分析,効果量(effect size)を求めるソフトG*power(フリーソフト)

一部の使用方法は, こちらを参照.

effect sizeの計算について

このExcelファイルを使用して下さい.

Shafferの多重比較法(反復測定ANOVA後の多重比較法として適切)

このExcelファイルを使用して下さい.

SPSSで解析できない手法の補足

本書で取り上げているフリーソフトRの使用方法については,こちらを参照.改変Rコマンダーの使用が便利です.

もくじ

第1章 データとその性質
第2章 対象を選ぶ・割り付ける
第3章 データをとる前の準備
第4章 実験計画法を考えてみよう
第5章 データをとる・とったら
第6章 統計的検定手法の選択
第7章 1元配置分散分析
第8章 2元配置以上の分散分析
第9章 1要因の反復測定分散分析
第10章 2要因以上の反復測定分散分析
第11章 分割プロットデザインによる分散分析
第12章 共分散分析
第13章 線形混合モデル

学内リンク

Copyright (C) Eiki Tsushima All Rights Reserved.